保険適応の白い歯:CAD/CAM冠

CAD/CAM冠とは

保険の範囲内で審美的な白い被せ物をつけることができます。
CAD/CAMとは、"computer-aided deighn" / "computer-aided manufactureing" の略です。
歯科治療の際に口腔内に装着される修復物や補綴物(インレー、部分被覆冠、全部被覆冠、ブリッジ、部分床義歯、全部床義歯、インプラント上部構造など)は、そのほとんどが、手作業により製作されてきました。その製作工程(設計や加工)の一部をコンピュータ制御の機器に置き換える一連のシステムにより、作業の効率化がはかられ、品質のバラツキを抑えることが可能となりました。また、従来は利用できなかった材料の利用を可能にするといったメリットがあります。

こんな方にオススメ!

・金属アレルギーのある方
・上顎小臼歯・下顎小臼歯に金属修復物があり審美的に気になる方

保険適用条件

上下顎両側の第2大臼歯があり、左右の咬合支持がある患者様に対して過度な咬合圧が加わらない場合には下顎第一大臼歯に適応されます。
また、皮膚科による金属アレルギーの診断書がある場合はすべての大臼歯で保険適応となります。

CAD/CAM冠のメリット・デメリット

メリット

・CAD/CAM冠に用いられるハイブリッドレジンは、プラスチックが入っている分軟らかく、天然の歯の硬さに近いため、噛み合う歯にダメージを与えにくいです。
・従来の銀歯のかぶせ物に比べると、目立たなく、白い自然な見た目です。

デメリット

・色は白いものの、色調が単調で、透明感がありません。セラミックは、歯よりも硬く、噛み合う歯にダメージを与えてしまう欠点はありますが、天然の歯と同様の色調で高い審美性を求めるならばセラミックが良いでしょう。
・セラミックと比較して軟らかいため、表面に傷がつきやすく、その傷は結果的にプラーク繁殖の温床となり、吸水性も相まって、細菌で不衛生な状態になることがあります。
・プラスチックは吸水性を持つため、長年使用していると経時的に光沢が失われ、変色します。

こうしたメリットとデメリットを理解していただいた上で、保険でできるCAD/CAM冠と、保険適用外のセラミック製のかぶせ物、どちらが適するかを担当歯科医と検討していただければと思います。
「保険適応の白い歯」について詳しく知りたい方はお気軽にお声がけ下さい。

CAD/CAM冠の料金表

型取り 3,000円〜4,000円
装着 6,000円

※ 料金は全て税抜き表示となっております。

詳しい料金につきましては、お気軽に当院スタッフにお問い合わせください。