入れ歯

入れ歯治療への想い

” 私が作製した義歯によって満足のいく食生活を送られている方の笑顔が一番の結果 ”

いかにエラーの少ない義歯を作れるような型取りができるか?
また、それを技工士に精密に指示できるか?

この2点が入れ歯作製のうえでの最大のポイントです。

また、入れ歯の作製をしていくうちに必ずぶつかる壁は、長期で義歯を使用していない患者さんの舌が肥大し、新しく作成した義歯が開口時に浮き上がること。

これを回避するために入れ歯の一つ一つの歯の配列を考慮することにこだわっています。

作ったらおしまいではなく、いかに今の義歯を長く使っていくことができるか

義歯の検診で定期的に状況を把握して、適宜入れ歯の調整を行っていくことで、長期にわたってよく噛める入れ歯となります。

入れ歯作製の流れ

1. 診査・診断

口腔内診査・旧義歯の診査 ・義歯を支える骨の状態などを確認します。今使っている義歯の問題点を把握した上で、なぜ新しく作成することになったのか?を明確にして患者さんにご説明します。

例 : 義歯が破損して来院されたケース

・なぜ壊れたのか?
・咬み合わせの問題か?
・義歯が古くなり隙間ができて義歯が動いて壊れたのか?

2. 新義歯と旧義歯の違いについてご説明

今使っている義歯の欠点を改善して新しく義歯を作製するとどういうことが起こるのかを丁寧に説明します。入れ歯が変わると、噛む感覚が大きく変わり、違和感が生じるケースは多々あります。しかしこの違和感はあくまでも改善に伴うものだということをご理解いただけるように、事前にしっかりと説明します。

例 : 義歯が緩い

義歯をできるだけ歯ぐきにフィットさせて作るのですが、それが逆に締め付けて痛みに変わることがあります。また、新しく義歯を作ってすぐには何でも咬める訳ではないため、新しい義歯がなじむまでリハビリや義歯の調整が必要であるということをご理解いただきます。

3. 口腔内の印象(型取り)

入れ歯を支える歯茎の形状を立体的に記録するために、型取りを行います。

なお、義歯を支える粘膜がほとんど無く、通常の型取りでは材料の変形が著しく起こり、 新義歯を装着しても調整が著しく、来院頻度が多くなってしまう場合には、より精密な型取りを行います。

4. 義歯の高さの決定・人工歯を並べる準備

お口の中の型を取った後、義歯の作製を始めます。

人工歯を並べるために唇の出っ張り具合や顔の輪郭が変化しないような入れ歯の高さを目指します。

5. 試適

人工歯を並べてみて、咬み合わせや歯並びの状態の確認を行います。義歯の高さを決めたら人工歯を並べます。人工歯を並べた状態で一度咬み合せや 歯並びの状態を確認します。

6. 新義歯の装着

新しい義歯が出来上がり、お口の中に装着していきます。

7. 新義歯の調整

新しい義歯を装着してのお食事がうまくできるようにサポートしていきます。

装着していると必ずと言っていい程、義歯による痛みが生じます。 そうすると装着できなくなり、食事が摂れません。まずは痛みが出ないように調整をし、装着できるようにします。

8. 定期義歯検診

長く使用していくうちに、

・人工歯が消耗してきて咬み合わせがズレていないか?
・義歯にヒビが入っていないか?
・歯肉を押して痛みが出そうな部分が無いか?

等の検診を行うことで、長く使用していただけるようになります。

入れ歯の料金表

部分入れ歯

個人トレー 1,500円
エステショット義歯
(ノンクラスプデンチャー)
150,000円
金属を使わない義歯。
金属を使わないため、変形や破折のリスクもあります。
金属床義歯:片側遊離端 220,000円
金属床義歯:両側遊離端 240,000円

※ 料金は全て税抜き表示となっております。

総入れ歯

金属床総義歯 275,000円
変形しないため長く使用できます。
体調の変化や手術入院により顎の骨が著しく変化する場合もございます
イボカップシステム総義歯
300,000円
コーヌスクローネ義歯 500,000円
コーヌスクローネ支台歯 600,000円
マグネット処理 50,000円

※ 料金は全て税抜き表示となっております。

治療例

上下の部分入れ歯の作製

      装着前           作製した部分入れ歯           装着後

治療期間 2回〜6回
治療費 片側遊離端義歯:¥220,000
両側遊離端義歯:¥240,000
治療内容 歯周病治療終了後に歯型を取り、義歯を作成していきます。保険の義歯に比べて強度が高いため、破折のリスクは減りますが、踏んだりして過度な力が加わると変形して使用できなくなる場合もございます。